海外での活動

サイドメニュー

  • ホーム
  • JAEFとは?
  • スタッフ紹介
  • JAEFの活動
  • JAEFの海外での活動
  • JAEFの国内での活動
  • カンボジアの学校建設
  • 海外インターン
  • 寄付&サポーター募集
  • JAEFギャラリー

ツアー・キャンプブログ

JAEF活動ブログ

 

English

海外での活動

海外インターンシップ事業 教科書作成プロジェクト 地雷撤去事業(1FOR10) 飲料水(井戸)供給事業

海外インターンシップ

次世代を担うアジア地域の学生の交流のため、全国の大学生を
対象として、アジア各国にてインターンシップを行っております。

特にカンボジアでは、アンコール大学日本語学科と提携し、日本人大学生と
日本語を学んでいるカンボジア人大学生との交流を図っています。また、
ラオス・ベトナムなどの大学とも現在交渉中です。

Seang Nam氏

ご挨拶

アンコール大学学長 カンボジア王国 国会議員 Seang Nam 氏

20年以上の慢性的な戦争のせいで、カンボジアは忘れ難いほどの悲しみとひどい状況でした。その時、ほぼ全てのセクターが破壊されました。

その後、私たちは国を再興し、再び笑顔を取り戻すために立ち上がりました。

この成果を得るためのカンボジアの人々の主要な努力と比べて、我々は諸外国からのたくさんの援助によってそれを達成することが出来ます。私たちの国を再興させるための主要な援助の一つが日本からのものです。

日本アジア交流財団(JAEF)の活動を見て理解した上で、私は本当に感謝し、強く支援しております。これは国際交流を非常に重視された本当にすばらしいプログラムです。

次世代を担うアジアの若者が交流を図ることは、二国間だけではなく、アジア全体、ひいては世界の平和と発展に寄与するものであります。

皆様のご支援とご参加をお待ちしています。

海外活動トップへ

教科書作成プロジェクト

実施の背景

ポル・ポト政権時代、あらゆる近代教育システムが破壊され
つくしたせいで、教育に関するインフラはまったく整っていません。
小学校では一日二交代で
四時間しか授業を受けることが出来ません。

また、粗末な校舎のせいで、雨が降ったり風が強い日には
休校とせざるを得ません。教員不足から中卒でも小学校教員に
なれるようにしたため、教育の質は高いとは言えません。

教材の開発について

JAEFは、子供達が自由に学び、遊び、そして未来への希望をつなぐ場〜「子ども村」プロジェクト〜を進めています。このプロジェクトでは、ただ教育施設を建設するだけではなく、その教育プログラムの内容にまで責任をもち、子ども達に必要な教育が継続的に提供できるように「子ども村」を運営して行くことが大きな課題です。そして、「子ども村」は一方的にカンボジアの子ども達に教育を与えるのではなく、日本の学生やその他のアジア各国の学生が集い、彼ら自身も生き方や教育について考えられる「相互の学びの場」となることを目指します。2012年7月に「子ども村」の土地取引が完了して以来、子ども村の構想に関する議論を繰り返し重ねてきました。2013年夏からは、いよいよ子ども村でのワークキャンプが始動し、子ども村内の「施設建設」や日本人とカンボジアの子ども達の「交流」がスタートします。

海外活動トップへ

地雷撤去事業

実施の背景

現在世界には約7000万個もの地雷が埋まっているといわれ、
その地雷によって20分に一人の割合で、何の罪も無い人々が
手足を切断し、目の光を奪われています。
そして日本と同じアジアであるカンボジアにも、約600万個もの
地雷が埋設され、すべて撤去するには50年から100年かかるとも
言われています。

そして今も毎日女性や子供が被害にあっています。
また、撤去活動は進まず、学校の真横に地雷原があったり、
土地がない為にわざわざ地雷原の中で生活している家族もいます。

実施内容

10㎡の地雷原を安全にしています。

カンボジア地雷博物館と協力し、JAEFのインターンシップ参加者一人当たり、
10㎡の地雷原を安全にしています。

これは子ども一人が遊ぶことのできる面積です。

カンボジア地雷博物館  http://www.cambodialandminemuseum.org/

館長 アキ・ラー氏

10歳から20歳までの10年間、ポル・ポト軍、ベトナム軍、カンボジア政府軍で少年兵士として
地雷を多数敷設する。
戦後、自戒の念から一人で地雷撤去活動を始め、五万個以上の地雷を撤去する。
地雷によって手足を失った子どもたちの生活を支援する活動もしている。
長年の功績が認められ、CNNの選ぶ“2010 TOP10 CNN HEROES”に選出される。

海外活動トップへ

飲料水(井戸)供給事業

実施の背景

水を得るために一日1kmから3kmの距離を徒歩で
何往復もし、安全な水かどうかわからない水を得る社会が
存在します。

現地の写真

貧困が原因により、世界中で安全な水が飲めない人が
約11億人います。その2/3がアジアの農村に住む人々です。

実施内容

井戸の掘削事業を行っています!

カンボジアの農村地域において井戸の掘削事業を行っています。
これにより子どもたちが水汲みの重労働から解放され、勉強することが出来ます。

海外活動トップへ

国内での活動

フリーペーパー事業

支援物資輸送事業

輸送コストをかけず規格外品や古着を直接援助します。

企業で不要になった規格外品や古着などを集め、
必要としている海外のNGOに直接援助しています。
海外インターンシップの参加者が協力する事で、
輸送コストがかからない点が高く評価されています。

NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーとの共同事業

スタディーツアーで効果的な支援を可能にしています。

カンボジアでは物流が確立しておらず、日本からの支援物資はスタッフの方が直接持ち込みを
されていました。個人での搬送には限りがあるため、JAEFのスタディツアー参加者が少しずつ
でも協力することで、効果的な支援をすることができます。これにより、たくさんの子どもたちの
命が救われることを期待しています。

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーは、カンボジアに非営利の
アンコール小児病院を設立し、運営を行っています。1999年の
開院以来、1日平均350人の子どもたちを診療し、のべ患者数は
80万人を超えました。乳幼児の死亡率が高いカンボジアで、
アンコール小児病院は大きな役割を果たしています。

小学校との共同事業

小学校・スーパー様のご協力により支援物資をカンボジアに直接支援いたしました

JAEFが支援しているアンロンベン地区は、標高が高くジャングルに近い
こともあり、朝方の冷え込みは子供たちの健康を著しく害していました。
この援助物資(古着)を運ぶ活動の主な目的は、素肌を外気にさらす
ことで、抵抗力のない子供が風邪を引く可能性やジャングルに生息する
マラリア蚊などに刺される可能性などを下げるということです。2011年
春期インターンでは、関東地方の小学校3校、関西地区のスーパーに
協力していただき、在校生の余った古着や下取りの古着を集めさせて
いただきました。その結果、約100kgの支援物資をカンボジアの必要と
している地域に直接支援いたしました。

国内活動トップへ