国内活動ブログ

豆知識???

こんにちは!
JAEF学生インターンの芦馬です。

最近暑くなり、外に出るのも優越な日々が続いています。

今日は日本にとって大事な大事なギリシャ戦がありましたね。
残念な結果になってしまいましたが、コロンビア戦では奇跡を信じてやみません。。。。



ということで今日はいつもの活動報告から方向性を変えて、サッカー(スポーツ)とカンボジアのあれこれについて書きたいと思います。


現在FIFAの加盟国は何か国加盟しているかご存知でしょうか。


正解は207の国が加盟しているみたいです。(2014年6月5日現在)厳密にいうと207の国と地域ですね。
例えば、イギリスは国としては一つですが、FIFAでは今朝試合があったイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの四つの地域がそれぞれFIFAに加盟しているために世界に存在する国以上の加盟国数となるわけですね。


そして国連の加盟国は現在(2014年6月)193か国
いかにサッカーが世界で人気があるのかという事がうかがえますね。


そして、カンボジアもまたFIFA加盟国です!FIFAランキングは190位(2014年6月5日)。
サッカーは盛んでないイメージはありますので、驚きも特になかったですね。。。
しかし、サッカーから一歩引いてみてスポーツという面で見ると、芸能人だった猫ひろしさんが国籍を変えてカンボジア代表としてオリンピックを目指しているということもみなさんの記憶にあるのではあるのではないかと思います。


ん、、、オリンピック、、、、オリンピックといえば、、、、




実は首都プノンペンにはなんと
『プノンペン・オリンピックスタジアム』
というスタジアムがあるのです。
ちなみに、カンボジアでオリンピックを開催したことはありません。



なぜこの名前なのか、、、、謎です。(笑)


時間に指定はありますが、スタジアムは一般の人にも開放しているみたいですので、今度カンボジアに行かれる方は是非利用してみてはいかがでしょうか!!!


それでは、長くなりましたがこの辺で失礼いたします。

芦馬

晴耕雨読

みなさんこんにちは^^

学生インターンの秋葉です。
今日の東京は、雨、雨、雨...いよいよ梅雨か~っていう天候でしたね。
明日明後日も雨の予報だそうなので、お出かけの際は傘をお忘れなく◎!

さてさて、先週はあっしーこと芦間くんがこの夏のスタディーツアーについて
取り上げてくれましたが(ぜひ見てみてください!)、
今週の私はネタ不足...

ということで、最近私が読んだ国際協力に関わる?本の中で面白かったものを紹介させて
頂きたいと思います:)(自己満感が拭えない話題ですみません笑)

=====================================
①裸でも生きる(講談社BIZ)
裸でも生きる.jpgのサムネール画像

バングラデシュのかばんメーカー「Mother House」の創設者、江口絵理子さんの自伝的な本です。
現場を知りたい!という思いから、ソーシャル・ビジネスの道を選ばれた江口さん。

「自分は一体何をしてきたんだ。他人と比べて一番になるなんてそんなちっぽけなことに全力を注ぎ、泣いたり笑ったり。
こんな幸福な星の下に生まれておいて、周りを気にして自分ができることも挑戦せず、したいことも我慢して、色んな制約条件を自分自身の中だけでつくりだし、自分の心の声から無意識に耳をそむけ、時間とともに流れていく。」

「バングラデシュのみんなに比べて山ほど選択肢が広がっている私の人生の中、自分が彼らにできることはなんだろう。それは、まず自分自身が信じる道を生きることだった。」

強烈な問題意識をつきつけられた一冊でした。




②国連改革-「幻想」と「否定論」を超えて(集英社新書)
国連改革.jpg






イラク戦の戦前戦後を通じて、国連はその存在意義を根底から問われ続けた。紛争の世紀を二一世紀に持ち越さぬようにと期待された国連は、このまま立ち往生を余儀なくされるのか。国連広報官、IAEA(国際原子力機関)広報部長などを務めた著者は、国連への「幻想」を排し、その実態を直視しながら、国連とその関連機関のあるべき今日的な姿を浮き彫りにしていく。これからの日本が国連とどう関わるべきかを探る、格好の入門書。』(集英社HPから引用)
2003年の発行なので、新書としてはだいぶ古い部類になると思いますが、あくまで中立的な立場から国連を捉えたいと思って手にとった私にはとてもしっくりきた一冊でした。

③一瞬のアジア(新潮社)
一瞬のアジア.jpg



大型の写真集です。写真と写真に添えられた文章からアジアの街の「におい」のする、どこか懐かしさがこみ上げてくるような、そんな一冊でした。個人的には、「自然と人間の共生」について、特に考えさせられました。作者の一周忌を機に発行された写真集だそうです。














④開発と教育-国際協力と子どもたちの未来(新評論)
kaihatuto.jpg

題名の通り、開発と教育について書かれた本なのですが
自分の中では、開発の歴史についての記述がとてもわかり易く、開発関連の周辺図書を読む上での基板となる歴史背景について知るのにとても役立った一冊でした。

作者の視点はクリティカルで、2001年発行の本ですが、ポストミレニアム目標以後の開発について考える上でも重要であろうヒントが散りばめられていると感じました。

教育開発について造詣が深い方、開発全般についての知識を得たいという方、どちらにも対応できる一冊だと思います。













========================================

晴耕雨読ということで、憂鬱な気分になりやすい梅雨シーズンですが
たくさんの本を読んで実り多い日々にしたいと思います^^◎
(本の紹介についてはあくまでも個人的な主観に基づくものですので「、その点ご了承くださいm(__)m)

子どもたちへ文房具を届けてきました

先日、日本から沢山の文房具が届き、その一部を昨日子どもたちへ届けてきました。

届けたのはシェムリアップからバイクで2時間程離れた2つの小学校です。

このエリアは道も舗装されておらずアクセスが悪いため、物資が不足しているようです。

以前この学校へ行った時、「子どもは沢山いるけど勉強道具が足りない」という話を聞き、
文房具を届けてあげたいと思っていた場所です。

2つの学校合わせて約110人の子どもたちへ、鉛筆、消しゴム、ノートや鉛筆削りを配りました。
新品の文房具で勉強への意欲を伸ばしてほしいです。


ご支援くださったみなさま、本当にありがとうございます。
P1080164.JPG
P1080176.JPGP1080183.JPG

6/3 アキラ地雷博物館

こんにちは、シェムリアップ事務所インターンの五十嵐です。

先日、この夏のスタディツアーの訪問先になっているシェムリアップ郊外の「アキラ地雷博物館」というところに見学に行ってきました。(ツアーの下見ということで!)

この博物館は元少年兵であった元少年兵であったアキラさんという人が地雷除去活動を行う中で集めた地雷、兵器を展示していたり、カンボジアで地雷が多く埋め込まれることになってしまった歴史を紹介していたりします。

カンボジアの歴史については学校の歴史の授業で習ったこともありましたが、実際に使われた兵器や埋められていた地雷を見ながらその背景を知ることと比較すると実感の度合いが全く違いました。

地雷には様々な種類があり、サイズもばらばらでとても小さいものもあり、一つ一つ撤去するには大変な労力がかかることが想像できます。それでも撤去活動は進み、埋まっている地雷の数は減ってきているそうです。早くゼロになる日が来ることを願います。

6/2 五十嵐

今日も元気に活動報告!!

こんにちは!

最近暑くなるばかりですね。。。
そろそろ梅雨が始まり、ぼくの天然パーマも本領を発揮し始める時期に差し掛かってきました。

さてさて、前回僕は新しいスタディーツアーとしてマイクロファイナンス・スタディーツアーを企画しているとの報告をしましたが、

今回は例年行っているカンボジア・ベトナムスタディーツアーについてご報告させていただきます!!!
photo1 (2).jpg

この夏も行います!JAEFのカンボジア・ベトナムスタディーツアー!
期間は2014年8月24日~9月3日9月7日~9月17日の二つの期間を用意しております。

内容は現地大学生とのディスカッション、孤児院やスラムの視察等他にもまだまだJAEFオリジナルのプログラムを用意しております!!
詳しくはhttp://jaef.jp/intern/をご覧ください!!

途上国問題に関心がある、、、夏休みの予定どうしような、、、海外に行きたい、、、仲間をつくりたい、、、

こんな節、ある方は是非JAEFのスタディーツアーを選択肢の一つに入れてもいいのではないでしょうか!


尚、何か不明点等質問等ございましたら、HPのお問い合わせ、または僕のアドレスtakafumi.ashima@jaef.jpにご一報くださいませ。



それでは、また!!(活動の報告してなかった、、、ですね)

芦馬

5/26 アンコール小児病院

シェムリアップ事務所インターンの五十嵐です。

先日、先輩駐在員の方に今夏のスタディツアーの訪問先の一つである、アンコール小児病院に連れて行っていただきました!

この病院はシェムリアップの中心部にあり、事務所から自転車で行ける距離にあります。

病院につくと訪問者専用のエントランスがあって、入ると誰でも病院の紹介DVDを見ることが出来るようになっており、私も見させてもらいました。

この病院は日本人の方が設立し、無償で子供たちに医療を提供しているそうです。

大きな病院でしたが、DVDをみると子供たちに医療を提供すべく、一から病院を設立していった様子がよく分かりました。

今でこそシェムリアップ市内の病院として毎日機能している医療施設も、日本人の「この国の医療をなんとかしたい」という思いが元になっていることを知ることができました。

カンボジアには様々な国から多くの援助が入っていますが、外国人による支援がどのような形で現地の人々の役に立っているのかを知ることができるのは、実際に現地に来て活動するメリットの一つだと感じています。

5/26 五十嵐

毎週土曜日、新宿駅西口での募金活動

みなさんこんにちは!
学生インターンの秋葉です^^


さて、今日は私達が毎週土曜日に行っている募金活動について紹介させていただきます☆
一般の方のご参加も大歓迎ですので、興味のある方はぜひご連絡ください:)


毎週土曜日@新宿駅西口
400t_P1080709~WM.jpg
で、募金活動を行っています。

募金していただいたお金は、カンボジア子ども村プロジェクトのために大切に使わせていただきます!
道路使用許可を得ての募金活動で、毎回多くの方にご協力頂いてます。

また、JAEFではプチボラという(プチ ボランティア)登録制度を行っていて、
先週末の募金活動でも4名の方にご参加いただきました!ありがとうございました^^

図1.jpg
地道な活動ですが、それが行き着く先を考えるとワクワクします。
こうしたボランティア活動に興味のある方、m.akiba@jaef.jp(秋葉)まで連絡いただければ
プチボラへの登録を行いますのでぜひぜひご連絡ください^^!


5/22

シェムリアップ事務所インターンの五十嵐です。

 

シェムリアップはアンコールワットがあり、観光地として栄えています。

その上在住外国人も多いことから、街中を歩いていると多くの外国人を見かけます。

そんなシェムリアップ特有の光景なのでしょうか、外国料理店も多くあります!

韓国料理、中華、フレンチなどなど、探せば大抵の料理はありそうです。

私はまだ行ったことはありませんが‥

写真はこの前ランチに行ってみたインドカレーです!辛さが選べて、中辛くらいのものにしたのですが、‥辛かったです(^_^;)

5/22 五十嵐4写真.JPG

5/19

こんにちは!
先日の3連休最終日、自転車が直って戻ってきたのでシェムリアップの中心部を散策していました。
観光地ということもあって、中心部は綺麗に整備されています。
また、フランスの旧植民地だった影響でしょうか、道路やホテルの名前がフランス語だったりします‥!
写真を見ると、この道の名前はCharles de Gaulle Blvdということが分かります。
Charles de Gaulleはフランス20世紀の軍人・政治家のシャルルドゴール、...
Blvdとはboulevardの略で、フランス語で"大通り"です。
ちなみにこの道路、アンコールワットへ行く直線道路です!
5/19 五十嵐写真t.JPG

活動報告!!(5/16)

こんばんは!

JAEF学生インターンの芦馬です!
これでこのブログにも二回目の登場となります。

最近は寒暖の差が激しいので体調には気を付けなければ、、、と思うこのごろです。

今日は僕自身がインターンで行っている活動の近況報告をしていきたいと思います!!!


まず、マイクロファイナンス事業立ち上げに伴い、顧客向けの説明資料作成をしております。
まだまだ完成には程遠い、、、ので、この進捗はまた更新できればと思います!


そして今日は、新しいスタディーツアーを考案しておりました。
JAEFはhttp://jaef.jp/intern/にもあるように、カンボジア・ベトナムのスタディーツアーなど多くの海外プログラムをすでに行っており
今まで多くの方に参加していただいております。そしてまた新しいスタディーツアーを考えております。

その名も、

「カンボジア・マイクロファイナンススタディーツアー」
photo1 (1).jpg
                          (※写真は機密情報です。)

早ければ今年の夏にみなさんが参加できるように準備・企画しております。
グラミン銀行のインターンに負けないような内容にしたいですね。(震え声)
これから現地の駐在スタッフと密に連携をとって準備していきたいと思いますので、

みなさんご期待ください!!!!!



今日はマイクロファイナンス尽くしの一日でした~!!

それではよい週末を!!(僕は明日学校です。。。)


芦馬