国内活動ブログ

切り替え装置

今朝も、朝から頭痛に悩まされたが、なんとか出勤することが出来た。「教壇に立てば、なんとかなる」というのが、アンコール大学に赴任して以来、自分のスイッチを切り替える装置のひとつになっている。同系列ホテルでの経営兼務時代も、スーツに着替えて、フロアに出るまでの十数メートルの廊下が切り替え装置だった。

この切替え装置は、誰もが持っているもので、それは何であってもいい。シンプルなものであればあるほど、自然な行動のひとつとして行えるので良い。

以前にも書いたルーチンワークのひとつとして考えると、1日のスタートを small win(小さな成功)で始めることが出来る。

 

 

今日の1冊。 『君主論』  ニッコロ・マアキャヴェッリ(Nicoll`o Machiavelli)著、 河島 英昭訳

 

30jun2011.jpg

 

 大学4年生の時に買った本。権謀術数の書と言われ、あまり良いイメージを持っていなかったが、ここに書かれていることは、マキャヴェッリが提唱したものというより、昔から行われてきた行為の数々を彼がまとめたのだと言えるので、古典として読む事もできるし、現在の事象に置き換えてフィードバックして読む事も出来る。

見る角度を変えれば、経営者としての振舞い方・あり方など、現在に通じることが散りばめられており、非常に興味深い本になる。ホテル経営時代初期、この本から学ぶ事も多くあった。

頭痛が激しく、朝着替えるだけで脂汗が出てきたので、今日は休講とした。

 

これで、いいのだ。

今日も、パステルブルーといった感じの青空が広がっていて、朝から非常に気分がよく、午前の1年生の講義も順調に終える事ができた。その後、午後14時に控えていた会議の要所となる部分を少し打ち合わせして、昼からの講義へ。

13時45分に大学を出発して、会議へと向かう。今回の会議では、細かいところまで決めることになったので、終わったのが15時20分過ぎ。会議後は、急いで大学へ戻り、16時からの講義の準備。この講義の途中で、激しい頭痛に伴うめまいを起こしたり、呂律が回らなくなったりしたので少々焦ったが、学生にはそのようなことで気を散らしてもらいたくなかったので、そのまま続行。毎日行っている読解問題は、日に日に難易度も高くなってきているのだが、ここに来て正答率が上がってきていることは、非常によい傾向だ。特に今日行った演習では、難しい表現があったのだが、きちんと読み取れていた事が、学生の説明によって分かったので一安心した。

もう、やるしかないのだ。

 

 

今日の写真。クイッティーウ(細くて少し固めの米麺)に揚げニンニク多目。

 

28jun2011.JPG朝、食欲がない時や体調を崩した時でも、この麺なら食べられる。

半年前まで、大学の前にあった食堂でよく食べていた。ちょうどこの頃、食堂のおばちゃんに、こちらの甘辛い焼きそばをフランスパンに挟んでもらって、焼きそばパンのようなメニューも作ってもらっていた。が、引っ越しをしてしまったので、残念ながら今はもう食べられない。

アンコール大学・学生用ブログ

最近、田舎で住んでいる子供たちは蚊にされるので、マラリアがある子供が沢山います。だから、この問題を避けるために、対策を作らなければなりません。
そこで、毎日、子供を蚊帳の中に寝させます。そして、カンボジアに来られる皆さんも、田舎に行く時は、蚊帳の中に寝たほうがいいと思います。

記録者:プロム・チャンボールア

病み上がりだったが、なんとか講義に穴をあけることは阻止できた。が、結局、薬でごまかしていたこともあって、薬の効果が切れる夕方には、脂汗が出始めてきた。なので、急いで薬のあるうちへ帰ることにした。(このように書くと、誤解を招く恐れもあるので、あえていわせてもらうと、薬=風邪薬。)

帰宅後、冷やし中華が用意されていたのが有難かった。一気に食べてしまい、熱いシャワーを浴びると、ようやく回復傾向に向かう。ホッとした時、「カンボジアと日本の架け橋になりたい」と思うきっかけになった朝の連続テレビ小説「さくら」が頭に浮かんだ。動画が見たくなり、you tube を開くが、見つからず。ドラマの代わりに、ヒットしたのが、ケツメイシの「さくら」。この曲は、PVも好きだったので、妻と娘と3人で見ていた。多分、最近、淡い青空が続いているので、春に関連した言葉を思い出したのだと思う。

途中で、娘が「んちゃ、見る」と言い出したので、「Dr.スランプ アラレちゃん」を見る事になった。最近の彼女のお気に入りのようだ。

 

 

今日の1曲。 「さくら」 ケツメイシ 2005

 

27jun2011.jpg

※「ケツノポリス4」より

この曲が出た時、大阪城公園外周の桜を見に行ったことも思い出した。懐かしい。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9