国内活動ブログ

再び雪

今日は夕方までプレゼン仕上げ作業(まだもう少しかかりそうだが・・・)。

また朝からずっと雪が降っていたので、とても外へ出ようとは思えなかった。もともと、寒さに弱かったのだが、カンボジアで生活をはじめてから、さらに弱くなったように感じる。冬至は迎えたので、少しずつ日が長くなりはじめるわけだが、夕暮れもにも弱いため、冬場は気が抜けない。だからこそ、仕事に集中することが出来るのだと思うが。夏場だと、なかなかそうはいかないかもしれない。

なにはともあれ、今は目の前の締め切りに間に合うように、仕事をするのみ。

明日は京都で打ち合わせ。 先程、プレゼンの予行演習をやってみたが、まだ改善が必要。最後まで諦めずに精進あるのみ。

 

 

今日の写真。 納豆

 

26dec20122.JPG

手が汚れない!!

容器は変化していくが、味は変わらず美味しい。

 

すっきり

今日は午前中に仕事。午後は、お世話になった方々に挨拶に行かせてもらった。

外は寒かったが、それでも太陽が出ており、運転している間は暖房はほぼ要らなかった。

夜は、犬のコロを迎えに動物病院へ。と言っても、どこか具合が悪かったというのではなく、トリミングということをしてもらいに行っていたのだ。

 

 

今日の写真。 犬のコロ

 

25dec2012.JPG

私が帰国した日に撮影。

 

25dec20122.JPG

そして今日。

(ストーブの前にて)

*妹が結婚する前に飼っていた犬(オス)

 

集中!!

世間ではクリスマスイヴだが、今の私には関係なし。今朝方雪が降っており、ホワイトクリスマスだったが、こちらも関係なし。そして、家族も皆、クリスマスに関心なし。

今日は締め切りが迫ったプレゼン資料の追い込み。気分転換に読書。

夜は、ポン酢で鍋。

 

 

今日の一枚。 久しぶりに見る雪

 

24dec2012.JPG

娘との約束である「雪だるま作り」が果たせるか。

うっすらと三尾山(ミツオサン)が見える。

 

寒さとの戦い

昨日、ほぼ不眠状態での帰国と移動もあってか、今日、目が覚めたのは11時過ぎ。12時間以上も寝ていたことになる。よく寝たもんだと自分の事ながら感心半分あきれ半分でいると玄関のインターホンが鳴る。帰国前に注文しておいた品物が到着した。

外の温度が昼間で7-8度の世界は、32-33度の世界から戻ってきた者にとっては、しばらく「慣らし期間」が必要であったため、早速届いた品物を確認することに。ほとんどが本なので、気になる本から読むことにした。また、仕上げなければならない仕事もあったので、平行して行った。

また、仕事とは関係なく、家で飼っている猫のヤクとナツ、犬のコロにも久しぶりに会った。元気そうだった。

 

 

今日の写真。 猫のヤク

 

23dec20122.JPG

名前の由来について。

ヤクは、役場でもらってきたからヤク。ナツは、役場でもらってきた時期が夏だったから。

*ちなみに、ヤクは、サバトラのオス。ナツは、三毛のメス。

**コロについては、後日。

 

機内平和について

シェムリアップから日本へ向けての機内にて、ほぼ寝る事が出来ず、ぼんやりと思っていた事。

シェムリアップからホーチミンまでの1時間足らずの間に座る席は、窓に近い方が断然良い。逆にホーチミンから日本に向けての機内では、約5時間と長いため通路側の方がよい。

理由は至って単純。トイレだ。飛行機に限らず、新幹線や電車でも同様に、車窓からの景色を独占的に楽しもう!!と思った場合、窓側の方がよい。しかし、長時間の場合だと、トイレに行く可能性も出てくる。飛行機や新幹線の場合、隣人が出張などで1人のケースが多いように思われ、さらにやる事がなく「寝る」という選択肢を選ぶ可能性も非常に高い。そんな時、ちょっと小用に、と席を立つことは、平和且つ友好的な時間を共有したいと願う私にとってなんとも気まずい。起きていればまだいいのだが、寝ている場合だと、相手の眠りの時間を妨げてしまう。

既述のような短時間でのフライトは、水を飲もうがビールを飲もうが、トイレへ行きたいと思う前い到着する。が、長時間の場合、色々と提供される飲み物の選択肢はあるものの、グイッと一気に飲めて、気分よく眠りの世界へといざなってくれるビールが存在感を強めることになり、必然ビールを頼むことになる。

最近、もっぱらビールに対して弱くなり始めたことや席が窓側だったこともあり、少し躊躇したが、隣人に「寝る」という動きが見られなかったため、ビールを注文。本を読みながらいい気分になっていると、隣人がいつの間にか「寝る」直前の段階に達しようとしていた。しかも、アイマスクまで着用とあって、もしトイレに行きたくなった場合、「起す」という動作に加えて、「アイマスクを取る」という動作も追加されることになり、機内における隣人平和且つ友好関係はもろくも崩れることになる恐れが出てくる。そんなことを考えているうちに、次第に目が冴えはじめ、結局、寝れずじまいで関空に到着することになった。

 

もし、長時間で窓側の席になってしまった場合の対処法。

空腹での水分補給は厳禁。必ず、何かを食べてから水分を摂る事を勧める。

 

 

ああ、なんと内容の薄いブログ・・・。

 

1  2  3  4  5  6