国内活動ブログ

子どもたちへ文房具を届けてきました

先日、日本から沢山の文房具が届き、その一部を昨日子どもたちへ届けてきました。

届けたのはシェムリアップからバイクで2時間程離れた2つの小学校です。

このエリアは道も舗装されておらずアクセスが悪いため、物資が不足しているようです。

以前この学校へ行った時、「子どもは沢山いるけど勉強道具が足りない」という話を聞き、
文房具を届けてあげたいと思っていた場所です。

2つの学校合わせて約110人の子どもたちへ、鉛筆、消しゴム、ノートや鉛筆削りを配りました。
新品の文房具で勉強への意欲を伸ばしてほしいです。


ご支援くださったみなさま、本当にありがとうございます。
P1080164.JPG
P1080176.JPGP1080183.JPG

有り難い支援物資!

先日、JAEFのスタディツアーに参加した学生有志の代表の方が支援物資を届けてくれました!
郵便局にいったものの、荷物が多すぎて自転車では持って帰ることが不可能だと判明。
後日、トゥクトゥクで郵便局へ向かい事務所へ持ち帰りました!
(この時、荷物を受け取るカウンターにいる郵便局員のおっちゃんに「車で来た?」と心配されました。)


それにしても!!!!
凄まじいとしか形容のしようがないほどの鉛筆!!
そして消しゴム・靴・色鉛筆・雑貨・鉛筆削り・辞書・算数セットなどなど...
とにかくたくさんの支援物資を本当にありがとうございます。

これから現在一緒にプロジェクトを行っている孤児院や、これから一緒に行う予定の小学校などに支援物資を送りたいと思います!

本当にありがとうございました!
写真 pp.JPG写真 p.JPG







2014/4/23 シェムリアップ事務所 インターン開始

はじめまして!
今日からインターンとしてカンボジア・シェムリアップ事務所で活動させていただくことになりました、五十嵐成美と申します。
現在大学4年で、大学を休学してこちらにきました。

私はマイクロファイナンスに興味があるので、マイクロファイナンスが比較的盛んなカンボジアに来れて嬉しく思っています!
せっかく来たからには、ここでしか見ることのできないマイクロファイナンスの現場を見たいなと考えています。

下の写真は今日のお昼に食べたライスヌードルです。こちらでも日本と同じく稲作が盛んなので、このようなお米から作られる麺を食べることも多いそうです。素麺のような食感で、とても美味しかったです!

まだシェムリアップでの生活に慣れるのに精一杯という段階ですが、早く戦力になれるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

五十嵐
写真2.JPG

NHCAワークキャンプレポート〜その2〜

2日目()に突入!

建設の作業は8時から開始なのですが、今週末は両日とも10時くらいまで若干曇り気味のいい天気でした。朝からかんかん照りだと、作業が終わる事に体力が0になってしまうので、曇りぐらいがちょうど良い!

 

まずは絵本の贈呈式!

present.jpg

 

そして今日は、昨日作った机のニス塗りから始めます。



nisu.jpg


ニスを乾燥させている間は、子どもたちに読聞かせをします。

日本語全部分からなくても、絵本は見ているだけでも楽しいので好評です。


yomikikase.jpg

その間大人組は作業を分担しながら机を作り上げて行きます。もちろん、昨日よりも作業の効率が格段に向上しています!

 目標は4台だったのですが、今回は3台のテーブルのニス塗りまで終了!

ちなみに、ちゃぶ台の形になっているのは所長の方針で、「ローテーブルなら椅子を作る必要もない!」ということだそうです。納得!

table.jpg


初めて短期ボランティアを作りあげ、駐在員も多くのことを収穫しました。

その中でも、社会人の人でも時間を上手く使って海外ボランティアに来ていただけるということが分かったのが1つ。

そして土台だけしかなかったこの図書館に屋根の骨組みと机ができたことがこのプログラムの成果の1つ。

ゆっくりでも、1つ1つの決心や行動が結果という形になるようにこれからも頑張って行きます!





 

 



NHCAワークキャンプレポート〜その1〜

暑くなってきました!最近は毎日のように停電が起こりますね...
先週の半ば、春のスタディツアーが終わりました!改めて参加してくださった皆様、お世話になった先生方、本当にありがとうございました!

休む間もなくその週末、新企画のNHCA図書館建設プロジェクトがありました!
この建設ボランティアは日本からボランティアを募って図書館を建てよう!という企画です。
初の試みで駐在員も右往左往していましたが無事に終了。
今日のブログはそのレポートです!

初参加は社会人でボランティアに興味をもっている男性でした。至らないところ多くありましたが、ご参加いただきありがとうございました!


今回のワークキャンプでは机3脚と屋根の骨組みが完成し、そして参加者の方が声をかけて日本から100冊以上の絵本を持参していただきました!
行きのスーツケースの中身は90%が本だったようです。重いのにありがたい!!!

picbooks.jpg

金曜日に到着、クメールチャーミングレストランでのウェルカムディナーで到着日は終了。

1日目(土)は午前中が業者による建設作業と机の作製、午後はいつも週末に日本語を教えているChres村で「不発弾の啓発」をテーマにした特別プログラムでした

まずは、メインイベント!図書館プロジェクト。

1日目は、古くなった机と椅子の解体です!
子どもたちも一緒に解体作業をしますが、その様子はもはや農民一揆!笑

children.jpg

解体したあと、そのままだと釘が刺さりっぱなしで非常に危険なので、釘を抜くのですがこの作業が地味。。
飽きるこども8割、釘抜き作業に夢中になる子ども2割といったところでしょうか。
今回は屋根の骨組みを業者に頼んで作っていた事から、木の棒とアルミの切れ端で新たに「釘を後ろ側から抜く工具」を作成している子どももいました!道具がなければ作れば良い!これがカンボジアの魅力!
※ハンマーを握っている青年はトゥクトゥクのドライバーです。

samith and hummer.jpg



そしてその間に、机を作る所長のProshさん!

prosh.jpg


午前中の作業はここまで!机が1つ完成しました。
目標はあと3つ!

昼食を取り、少し休んでからChres村へ。
カンボジアには、地雷や不発弾処理作業を行っているCMACという団体があります。
その団体を支援している団体があるのですが、それがJMASという日本の支援団体です。
JMASがどんなプログラムで不発弾処理をしているのかと見学に行った際、なんと!Chres村の付近で不発弾がみつかったことがありました。そんなわけで、今回の特別プログラムは「不発弾、地雷を見つけたら触ってはだめ!」ということをアピールすべく、孤児院での特別プログラムを行いました。

孤児院の責任者であるカンボジア人に付近の人を集めてください!とお願いしたら
村長と地区長がきました。非常に本格的な様子。

presentation .jpg

カンボジアの地雷や不発弾に関する新鮮な情報を提供できた、よいワークショップとなりました。
その後、時間が余ったのでカンボジアのキリングフィールドに行き、寄るご飯はアプサラダンスショーを見ながらのビュッフェ。

次の日も早いので今日はこの辺で終了!
その2に続く。





1  2  3  4  5  6  7  8  9  10