海外活動ブログ

第19回10日目

チョムリムアップスーア、岸君、ちひろ、ゆういちろう、いたみんです。

 

今日はまず、フレンズ子供病院に行きました:)

実際に病院の見学はできませんでしたが、DVDを見たり、病院で働いている職員の方のお話をきくことができました!

病気以外の理由(経済的、または社会的)で死ぬ子供がいる現状を知りました。

普段、私たちが何気なくに受けている医療があたりまえでないことを知りました。

 

その後、だるま愛育園に行きました!

そこでの子供たちは、それぞれ役割があり、とても自立しているように見えました。

折り紙をしたり、歌を歌ったりして、楽しい時間を過ごしました!

 

この10日間は、あっという間でしたが、それぞれが充実して刺激をうけました。

このことを日本に帰っても忘れずに日々の生活に生かしていきます!

 

ほんとにほんとに楽しかったです!!!!!!!!!!!

みんなだいすきーーーーーーー!!!!!

 

オークン

 

 

 

第19回9日目

今日の担当は、ゆりこ、あかね、ちほです!

今日はアンコール遺跡群に行きました。

みんな朝早起きして、朝日を観賞しました!

薄っすらですが、朝日を観賞することができました。

午前中は、アンコールトムやタ・プロームの遺跡を見学しました。

とても暑い中多くの観光客でにぎわっていました。

午後は、アンコールワットで夕日観賞をしました!

夕日を見れるか心配していましたが、雲のすき間からきれいな夕日を見ることができ、感動しました!

夕食では、食事をしながら伝統的なダンス観賞を楽しみました。

衣装も華やかで、日本ではできないような体験がたくさんできました!

それでは、あと2日楽しみましょう♪

おやすみなさい。

19回8日目

今日の担当はみわっち、まみや、きこです!

 

今日はすごく早く起きてアンコール大学の学生さんたちとアンロンベン小学校に行きました。

 

これはJAEFの松岡さんによって作られた小学校です。

 

アンロンベン村の40人くらいの子供たちと炎天下の中、部屋の中で一緒に遊びました

 

松岡さんと一緒に100人分のカレーも作りました

 

とってもとっても汗びっしょり

 

みんなで食べたあと昨日打ち合わせをした理科の実験のお披露目をいたしました

 

子供たちもノリノリでした^^

よかった。。。

 

 

そのあと元ポルポト兵の方から内戦の体験談を聞きました

 

途中ものすごいスコールがふってきて。。。声が聞こえないので中断しました

 

やはりここは東南アジアですね。。。

 

そのあとアンコール大学の方とお別れをして夜ご飯へ行きました

 

みんな外で遊んでへとへと。

 

でも明日はいよいよアンコールワット遺跡をみにいきます!

 

あぁ

 

楽しみね

 

それでは

 

今日はおやすみなさい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19回 7日目

今日の担当は、あさみん、てらちゃん、さなさなです♪

今日はまず、バイヨンインフォメーションセンターにてアンコールワットについてのレクチャーを受けました。

それから、アンコール大学を訪れ、翌日の理科の実験の為のディスカッションを午前中いっぱい行いました。ディスカッションは全て英語だった為、コミュニケーションは難しかったけれど、それを通して現地の大学生が何事に対しても熱心であることを実感しました。

午後は、アキラ地雷博物館に行き、地雷の恐ろしさを知ると共に、案内して下さった松岡さんの話を聞いて、教育に対する想いと私たちのような若者への強いメッセージを感じとりました。

夕方からは、トンレサップ湖水上で生活をしている人たちを見に行き、たらいに乗って遊ぶ子供たちや、小さな船で家を移動させる人たちを見て初めての光景に驚きました。

夕食は、アンコール大学の学生と一緒にし、ハイテンションでフレンドリーな彼らとすごく楽しい時間を過ごしました。

明日も盛りだくさんな一日なので、楽しみたいと思います♪♪

第19回 6日目

今日の担当は、あづみ、さやか、ふっきーです。

6日目は、はじめにゴミ山に行きました。プノンペンからバスで6時間くらいかかりました。途中トイレ休憩を3回とりましたが、どのトイレも日本と比べると汚かったです。トイレットペーパーはないし、流れないし、便座もないようなトイレでした。加えて、道路も整備されておらず、バスが激しく揺れるほどでした。インフラ整備の遅れを感じました。ゴミ山は、きれいな田んぼに突如現れました。きれいな田んぼの反対側にきつい臭いのするゴミ山がある光景には違和感を覚えました。ゴミ山に近づくにつれ臭いはきつくなり、ハエも多くなりました。ゴミ山には、働く人たちがいました。その中には、子供も含まれていました。彼らは素手と素足でゴミ山の中で働いていました。衛生面での心配はもちろんのこと、満足に学校にも行けず、ゴミ山で生きるために働く彼らの思いも考えさせられました。

そのあとは、ラッキーモールというショッピングセンターで買い物の時間がありました。ビールが日本円で約50円という安さ!!!みんなおみやげをいっぱい買いました。日本語の書いてあるお菓子もたくさんありとても楽しかったです。

最後は、カンボジアの伝統舞踊のアプサラ民族舞踊を体験しました。はじめにお祝いの踊りを見せてもらいました。とてもしなやかできれいでした。実際に体験してみると、日本でいうヨガのような動きで意外と疲れました。指の動きがとても特徴的で花が咲いて散るまでの過程を表現していました。そのあとは、実際に衣装を着てがっくんといたみんがココナッツダンスを体験しました。見ている側はとても面白かったです。

盛りだくさんな一日でした。

 

1  2