海外活動ブログ

2013春スタツア第22回6日目

こんばんは

関西弁に囲まれて言語のアイデンティティーが崩壊している小林です



みんな明日からズーズー弁で攻めるべきやと思うわ

返事は『んだ』やねん!←



今日はAM9:00頃プノンペンのホテルを出て

ゴミ山見学に向かいました



5時間半くらいバスに乗ってました



今回のツアーではウイルスだのアメーバだの

みなさんお腹の中で新しいペットを飼い始めたようで

バスの中では催眠術かけられたみたいに眠ってましたね



あんなに道路ボコボコで

クラクションをガンガン鳴らして走るバスの中で

みんなよく眠れるなぁ...と思いつつ

バスの中で懸垂を頑張るマーティーを見守る小林でした



プノンペンからゴミ山に近づくに連れて

窓の外に広がる景色はカンボジア色が強くなっていき

遺跡っぽい門があったり

牛が道路横断してたり



あー

同じような田園風景なのに

飛び出してくるのはカモシカじゃないんだなぁ...と

しみじみ思いました



途中

豚ご飯弁当を食べたのですが

日本人は『お弁当』と聞くと

(バスの中で食べるんだろうなぁ...)

なんて思うんですが

食べようと思ってた場所が混んでるから1時間くらい待って!

とガイドさんに言われ

トンレサップ湖?のほとりのオープンな小屋の中でいただきました



ご飯を食べて1時間ほど走った先に

ごみ山がありました



そこにいた11歳から15歳の子どもたちに

思い思いのインタビューをしました



日本にいるときは

『ゴミを拾わなければ生きていけないんじゃないか?』

『学校に行けないのではないか?』



様々な想像を巡らせていたのですが

『来たい時にゴミ山に来る』

『学校の授業はクメール語が一番好き』

などという回答が返ってきました



小林は

ツアーに参加したいと思ってから実際行動するまでに3年間要したので

カンボジアやごみ山に関する書籍をだいぶ読んだのですが

それでも

想像と現実のギャップを激しく感じました



選手交代します

ダブルしおりの食欲ない方です

ごみ山のあとはラッキーモールという国営ショッピングセンターに行きました

表に「ラッキースーパー」と思いっきりカタカナで書いてありました

日本人客も多いのかな?

お店の中でも見かけました

夕食のあとは、本日最後の目玉、民族舞踊体験を行いました

カンボジアの伝統的な民族舞踊、アプサラダンスを体験

男女代表1人ずつは民族衣装を着て「ココナッツダンス」を披露しました

プロになるには幼い頃から修行が必要だそうで、先生のダンスはとても美しかったです



以上6日目のツアー報告は

C班小林と、しーちゃんの仲良しコンビがお送りしました(*^_^*)



【今日の名言】

神戸牛は飲み物です(By なかむー)

DSCN0439.jpg
DSCN0444.jpg
DSCN0445.jpg

コメントする

name :

email :

url :

comments :

この記事のトラックバックURL

URL :