海外活動ブログ

2013春スタツア第22回7日目

すごく内容の濃い一日でした。バイヨンインフォメーションセンターで、アンコールワットのことを学び、アンコール大学で模擬実験を行い、アキラ地雷博物館で松岡先生の話を聞き、夕食はアンコール大学生と共に食事をしました。その中でも、松岡先生の話がとても印象に残っていて、今後日本に帰っても色々考えさせられるだろうと思いました。このツアーは体力的に疲れるとかよりも、精神的やほんとに心の底からなんともいえない脱力感が込み上げてきました。でも今まで味わったことのない経験、気持ちを体験し感じることができて、ほんとにこれからの僕の将来についてプラスになると思います。とても有意義な時間を過ごせている僕はほんと幸せものです。また、素晴らしい人々との出会いにほんとうに感謝したいです。

                                      のむ

 

こんばんは。見た目に反した貧弱キャラが定着しつつある"なかむー"です()

もやしっ子でごめんなさい()

でも、友達にポカリやら薬やらを恵んでもらいながらも、なんとか頑張っています。

僕は今日のプログラムの中で、一番楽しかったアンコール大学の学生との交流について書かせてもらおうと思います。

就学率一%の社会の中で大学での勉強を選んだエリート学生ということで、自分とは真逆なガチガチの真面目君たちをイメージしていたんですが、めちゃくちゃフレンドリーで、夕食会では"チャラい"と"オカマ"のワードが大流行していました()。趣味や好みの子の話をしている姿も俺たちと何も変わらなくて、何だかすごく親近感を感じてしまいました。

でも、それと同時にアンコール大学の学生のみんなが授業に参加する姿勢や、積極的に自分たちの学んだことを使いこなそうと試行錯誤している姿から、本当に自分の全力を以って勉強に取り組んでいることがひしひしと伝わって来ていて、何より今日会ったみんなの目がキラキラしていたのが印象的で、何だか負けたくないなって気分にさせられました。

とりあえず、今日友達になった自称"山田"くん()が夢を叶えて日本に来た時に胸を張って迎えてあげられる大人を目指そうと思います。

P.S. 今日の写真は、男子衆がこっそり異文化コミュニケーションをしてた様子です。あれは結局なんだったんだろう?()

DSCF1987.jpg

DSCF1985.jpg

DSCF1988.jpg

コメントする

name :

email :

url :

comments :

この記事のトラックバックURL

URL :