国内活動ブログ

休日

今朝、義姉と娘2人を町のショッピングモールへ送った後、眼鏡を作りにいった。そして、ヨーグルトを買って家へ戻り、コーヒーを飲みながら、DVDの続きを見ることにした。いきなりDVDが登場したが、昨晩、以前にも紹介した友人M君と、晩御飯も兼ねて家で飲んでおり、その際DVDを持ってきてくれていたのだ。23時過ぎまで飲んで、その後早速「MR.BRAIN」を見ることにした。初回というのは、随分前から45分ではなく、60分以上の場合が多い。なので、第2話が終わった頃には午前2時を回っており、妻から早く寝るように注意を受ける。それでも、しつこく見ていると本当に怒られるので、昨晩はそのまま寝ることに。なので、朝起きて続きを見始めたのだ。今日は大学での午前中の打ち合わせが、月曜日に延期されたので、娘と時間を過ごすことにしていた。(とは言っても、一緒にDVDを見ていたのだが・・・)

夕方、外にご飯を食べに行くことにした。途中、頼んでおいた眼鏡を受け取り、既述のショッピングモールへ。回転寿司のようなスタイルの鍋料理店。寿司も回ってくるのだが、最近は「頑張ってるな」と思えるような寿司も回ってくるので、見ていても楽しい。昨日は、どういうわけか、ワサビも鼻がツーンとくる「やる気」のあるものだった。

食事のあと、妻が買い物に行っている間、娘と1階にあるアイスクリームを食べて待つ事に。今日は、メロン味。果肉も入っていた。そのアイスクリームを買うとき、昨晩訪れてくれた友人M君に再会。M君もアイスを買いに来ていたようだった。やっぱり、ここのアイスクリームは、甘くて美味しい。アイスは、冷たく、甘く、適度に空気が入っていれば、それだけで美味しい。4月に日本に戻った際、寒すぎて食べる気が起こらず残念だったが、ここでならいくらでも食べられる。

 

今日のお勧め。『CSI:MIAMI』

 

csim.jpg他にもシリーズがあり、『CSI』『CSI:NY』とある。こちらのテレビでよくやっている科学捜査の話。1話完結なので、分かり易くていい。日本でもCS放送でやっているよう。

 

責任と厳しさ

今日の午前中は、講義がなかったので、新しくアシスタントになってくれる先生と打ち合わせをする事が出来た。今朝、昨日からの頭痛が少し残っていたが、この打ち合わせを始めたあたりから、次第に動きがスムーズになり始める。10時開始で、気がつけば12時前。エアコンがない教室での打ち合わせだったので、気がつけば汗だくになっていた。午後から講義が3コマあったのだが、頭痛が、どうのこうのと気にする暇もなかった。2コマ目と3コマ目の間、昨日同様にミーティングをしたのだが、少し時間がおしてしまったため、30分遅れの講義となってしまった。それでも、昨日余った時間で、「アルバイト」についての読解練習を前倒しでやっておいたので、今日の30分の遅れも、そこで相殺することが出来た。学生には、「昨日の貯金のおかげで、助かった」と言ったところ、「どうしてお金のことをいうのですか」という表情をしていたので、その意味を伝える。「そういう使い方もあるのか」と納得した表情が見えた。教えていると、「今、腑に落ちたな」ということが、学生の表情やしぐさを見ていると分かるようになる。(もちろん、勉強を教えるだけでなく仕事をする上でも同じことが言える)このタイミングを見落とさない事が、教師の腕の見せ所である。納得した瞬間は、「喜び」を感じている時でもあり、身近な共通した例を作って紹介すると、さらに理解はしやすくなる。そのためには、日々色々なことにアンテナを張って、情報を集めておくことが大事なのだ。

最近は、国語辞典・漢字字典も使える様になってきたので、新しい単語も自分で調べることが出来る。3年生も、ようやく勉強体力がつき始めた頃で、4年生に追いつく勢いの学生も現れ始めた。時間もお金も制約された中で、学生同士が切磋琢磨できる環境が整いつつあるという事は、非常に有難い。以前にも書いたが、私の講義では、「責任」について指導を行っている。成績が良い学生には、自由を与えるようにしているが、時間を守らなかったり、嘘を言った場合には、特に厳しく叱ることにしている。もちろん、叱りっぱなしではなく、その理由を必ず伝えるようにしている。たとえ、それが同じ内容であっても、根気強く伝え続ける。そして、成績の良い者には、脱落しそうになった仲間を助ける義務があるとも言っている。「自由」や「権利」というのは、等しく与えられるべきだが、それは「義務を果たす」という前提があることを忘れてはいけない。

今は、学生だから実感が持ちにくいと思うのだが、社会人として働き始めた時は、問題に直面すれば、まずは直属の上司に助けを仰ぐことになる。また、自分が上司になった時、部下の分の責任も覚悟しなければならない。この責任というものは、いざその立場に置かれてみないと実感できないし、その機会も決して多くはない。今から成長をしようとしている国で、「責任」についてきちんと言動で証明出来る者は、きっと重宝されると思う。しかし、社会人になってからでは遅い。少々厳しいだろうが、学生のうちに、将来の己の希望を素直に考え、自分の置かれている立場を見つめ、「今、何をすべき時か」と自問し、行動出来るように準備をしておくべきだと思う。闇雲に動くということも、ひとつの手段として紹介されることもあるが、それはきちんとした理念と行動基準があったうえでの手段であって、「自分が何者なのか」と分かっていない状態では、それは単なる「逃避」以外の何者でもない。

既述の「今、何をすべき時か」という言葉は、私が小学6年生だった時の校長がいつも言っていた言葉。厳格な人だった。たまに「どうしてそこまで自分に厳しく出来るのですか」と言われるのだが、この校長の影響を受けていることは間違いないと思う。また、今までお世話になった先生方は、皆自分に厳しくされている方ばかりなので、どうしてもそのような先生方に近づきたいという願望がそうさせるのだと思う。疲れを感じる事もあるが、自分を甘やかすと自己嫌悪に陥ることは間違いないなので、今のスタイルがちょうど良い。

 

フル稼働

今日は朝から、打ち合わせや会議が入っていて、非常に疲れた。午後の講義に30分の隙間があったので、午前中に終われなかった打ち合わせを行った。が、若干時間がおしてしまい、10分程オーバーしてしまう。なので、その10分を取り戻すべく、講義スピードを上げることに。しかし、要所はきちんと確認しながら行う。(当たり前か)家に帰ると、急に頭が痛くなる。この頭痛の原因は、新しい講義スタイルに起因するものではなく、時間がたてば解決できることも分かっているので、今日はもう早く寝ることにする。

 

今日の写真は、源氏香図。

 

19may2011.jpg数種のお香を聞き分ける香遊び「組香」で使われる図(組み合わせは、52通りある)

※「香道」では、「かぐ」のではなく「聞く」と表現

 

 

アンコール大学・学生用ブログ

昨晩、友達 と アンコールワットの微笑み」と いう 会場 へ ショーを見に行きました 。

そのショー は、1時間でした。
皆さんは、ショーを見て、感動しました 。とても 素晴らしい ショーでしたから。

今週の土曜日 は 、アンコールワットに 行きません。その代わりに、友達の 結婚式に参加する予定です。

記録者:イェン・ナビン

匂い

今朝方、少し冷たく湿った匂いがしていた。カーテンを開けると、久しぶりに雨が降っていた。今日は午前の講義がなかったので、ゆっくりと過ごそうと思ったが、義姉の娘2人を小学校に送ることにした。少し早かったが、そのまま大学へ向かう。車を降りた時、雨はあがっており雨に降られた草のよい香りがした。雨季が始まると草木の色が一気に濃くなり、日本の新緑の季節と同じ匂いがする。田舎出身の私には非常に嬉しかった。外は雨が降った後だったので少し寒かったが、教室に入ると暖かく感じられた。久々の教室で猿印のお茶を入れるとジャスミンのような香りが広がった。外は雨が降った後だったので、少し肌寒く感じられたが、この匂いと一緒に熱いお茶を飲むと、ホッと出来る。その後、細々した仕事を済ませ、10時半からミーティング。その後、別の打ち合わせをして、午後の講義3コマに突入。久しぶりの講義だったが、先週から取り組んでいる講義スタイルの修正がうまくいっているようで、比較的スムーズ且、楽に行うことが出来るようになった。「楽に」といっても、話す量も板書する量も修正前よりも増えているし、学生の顔からも少しリラックスしている感じが見て取れるようになっていた。

おそらく、ストレスをためないように心掛けはじめたことが良かったのだと思う。3月後半から4月初頭(出張前)にかけて、精神的に少し疲れていた事は否めない。生まれ育った環境と今の環境は異なる為、ストレスを無くすということは到底出来ない。どこにいても同じ事だと思うが、ストレスといかに上手に付き合うかがポイントだと認識している。この方法は、いろいろと試してみた。アロマオイルやハーブティー等。お酒もその手段として用いたこともあったが、お酒は早い段階でやめることにした。出勤中に落語を聴いていて、「酒が人を駄目にするのではない。人が、駄目な存在だということを確認するために酒は存在する」というフレーズを耳にして、ハッとさせられた。その落語を聴いた時、ウイスキーの匂いを思い出した。30歳直前、ストレスを無理やり克服しようとして裏目に出たと思うのだが、自分でも驚くほどウイスキーをストレートで飲んだことがある。情けない話だが、その時の記憶はまったく無い。外で飲んでいたのだが、気がつくとホテルのオフィスで寝ていた。どうやって戻ったのかも憶えていない。幸いなことに命も貴重品もとられていなかった。もちろん、翌日は二日酔いに苦しんだ。その後、ホテルに置いているウイスキーを見るだけで、急激に気持ちが悪くなり、吐き気がした。数年前のことだが、今でも時々体調が悪い時は同じ様な状態になる。20歳の時も、日本酒で痛い目に遭い、しばらくの間、匂いをかいだり、「日本酒」と聞いただけでも、強烈な吐き気に襲われていた。

そんな事もあって、それからはお酒ではなく、お茶をゆっくり飲むようにしている。最初は、無理をしてお茶にこだわっていたが、最近になってようやく落ち着いて飲めるようになってきた。昨年11月、静岡のロータリークラブに方に新茶をいただいた。こちらでも緑茶は手に入るが、Tパックに入っているものであまり美味しくない。

講義が終わり、机の上を片付けて家に帰ると、いい匂いがしていた。そう、家族が庭でバーベキューをしていたのだった。義父が翌日、バッタンバン州に戻るとのことで、夕飯は皆でバーベキューをしようということになっていたようだ。すぐに着替えを済ませて参加する。

その晩、外の竹がザワザワと音をたてているのが聞こえたので、ベランダに出た。外灯はつけてあったが、その周りは暗く、ほとんど見えない。そこには、今朝と同じ匂いがあった。

「匂い」は、その香りも楽しめるし、関係する記憶を辿る事もできる。潤い始める雨季のひそかな楽しみ。

 

今日のお勧め。 CD「ウラBTTB」坂本龍一 (1999)

 

18may2011.jpg1曲目「energy flow」 は、大学生だった頃、勉強の気分転換で夜、近所を散歩していた時よく聴いていた。この曲を聴くと、少し肌寒い3月末から4月初頭にかいだ桜のほのかな匂いを思い出す。

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9