国内活動ブログ

遺跡の猿

今日は、朝から曇り空だったが、雨は降らなかった。昼から、家族と少し外出をすることにした。昼ご飯の後は、アンコールワットへ。途中、道端に猿が歩いていたので、思わず車を止めて写真を撮ってみた。遺跡の横であったこともあり、人になれているのか、かなり近づいて撮影することができた。

以前、アンコールワットに近いところにあったアキラ地雷博物館で寝泊りしていた頃、この博物館でも野生の猿を捕まえてきて飼っていた。なかなかすばしっこい猿だったが、車に足を轢かれて負傷したこともあった。その後、どこかへ行ったそうだが、まあ野生の動物を持ってきていたのだから、それも仕方がない。

ただ、今日見た猿は、その時のオドオドした猿とは違って、堂々としていた。

 

 

今日の写真は、既述の猿。後ろにアンコールワットがある。

 

29may2011.jpgアンコールワット周辺やバイヨン周辺でよく猿を見かけることが出来る。ただ、野生の猿であるため、触ったりすることは極力避けたほうがいい。猿だけでなく野生の動物は、噛まれたり引っ掻かれたりすると、病気になることもあるので、細心の注意を。

コメントする

name :

email :

url :

comments :

この記事のトラックバックURL

URL :