国内活動ブログ

留学の可能性

今日から明日にかけて、プノンペン出張。 朝一番のタクシーにてシェムリアップを出発。今日の運転は非常に早かった。通常ならば5時間のところを、今日は30分休憩を含んで4時間半。12時過ぎにはプノンペンに到着。定宿に向かう。今日は、宿泊名簿へのサインも省略してもらった。この宿のおかみさんが、妻に似ているというこもとあり、荷物をおろすと本当にホッとできる。

今日は、13時に待ち合わせをしていたので、荷を解き、身支度をした後、待ち合わせ場所に向かう。今日会うことになっていたのは、立命館アジア太平洋大学(APU)・アドミッションオフィスのMさん。今回、大分県の元県会議員のK先生からMさんを紹介していただいた。現在、日本への留学の条件を満たしている学生や可能性の高い学生の情報をもとに話を聞かせてもらった。

実は、2006年にAPUへ講演で行かせてもらっていたこともあり、もし私の学生がこの大学で勉強することが出来るならば、非常によい環境だろうなと思った。大学紹介のDVDもいただいたので宿に戻ってから見させてもらった。

 

 日本語を教える事は、大事な仕事。が、それだけでは教師としては不十分。

学生に明確な目的を持たせる事も必要。待つだけでは何も始まらない。

前進あるのみ。

 

 

 今日の写真。 待ち合わせ場所に選んだカフェ

  

2011-10-26_12.56.20.jpg

川沿いにあるブルーパンプキンという所。ここは見晴らしがよく、気持ちがいい。 

  

2011-10-26_14.33.39.jpg

上流での大雨の影響で、水嵩が上昇している。プノンペンは、メコン川とシェムリアップ川 が合流する所なので、今回のような大雨が降ると非常に怖い。

 

コメントする

name :

email :

url :

comments :

この記事のトラックバックURL

URL :