海外活動ブログ

発展途上国の現実

今日の担当はやっすんとタカヒロでーす!!

スタディーツアーは本日で折り返し地点です。

今日はパシフィック・ホテルをチェックアウトした後、プノンペンからシェムリアップへバスで移動しました。
プノンペンからシェムリアップの距離は日本で例えると東京~大阪間の距離で、バスで6時間ほどかかりました。

シェムリアップに向かう途中、郊外にある「ゴミ山」と呼ばれる場所に立ち寄りました。
「ゴミ山」とは文字通り、カンボジア国内のゴミを一箇所に集めている場所で、この国が経済発展を優先し、環境保護にまだまだ手が回っていない状況がよくわかりました。
ここでは近くに住む人々が、ゴミを集めて売ることで生計を立てています。
私たちはここで発展途上国の貧困を目の当たりにしました。
しかし、劣悪な状況の中でも子どもたちはずっと笑顔でした。
これまでホーチミンとプノンペンを訪れて、私たちは多くの子どもたちの笑顔を見てきましたが、ここでの笑顔は考えさせられました。

シェムリアップ到着後、アンコール・ホームにチャックイン!!
ここのホテルのクオリティーは最高!!みんなのテンションはあがり、夕食へ。

夕食後、民族舞踊を体験しました。
難しかったけど、楽しかったです!!

明日も全力参加で頑張ります笑




コメントする

name :

email :

url :

comments :

この記事のトラックバックURL

URL :