海外活動ブログ

18回ベトナム・カンボジアスタディツアー5日目

5日目 関西 鷲見秋彦

ツアー5日目、プノンペン2日目の今日は、朝からキリングフィールドに行ってきました。キリングフィールドはポルポト政権時代に子供を含むたくさんの人が殺された処刑場で、今でも地面に骨や服が埋まっていたりしました。そのあと、HIV村に行きました。HIV村といっても、現にHIV患者が住んでいるわけではなく、多くの貧しい子供たちが住んでいました。どの子もとてもきれいな目をしていて、みんな汗だくになりながらそれぞれ子供たちと遊んでいました!午後のことは東のようこりんにバトンタッチ!


5日目 関東 磯部洋子

午前のあっくんから引き継ぎました!今日の午後はトゥールスレンに行って、そのあとは自由行動となりました!トゥールスレンでは実際に拷問が行われていた場所を見学しましたが、すごくリアルに現場が残っていて、どれほど残酷なことが行われていたのかと考えされられました。そのあとの自由行動では、センターマーケットで買い物へ行ってきました。物がたくさん!人も活気がありました!とにかく値切って値切って安く買ってきました()いやー、楽しかった()夕飯のケンタッキーも久しぶりでおいしかったです!

18回ベトナム・カンボジアスタディツアー4日目

関西 鈴木

スタディツアー4日目ベトナムとカンボジアの国境を越えました。初めて国境越えをしたので、みんなテンションあがっていました。カンボジアの国境を前にベトナムのツアーガイドのビンさんとお別れしました。みんな寂しそうでした。初カンボジアはベトナムと比べて、太陽と地面が熱く、国が国境を越えただけで国が違うことを実感しました。カンボジアはベトナムと比べて田舎らしい感じがしました。熱中症にならないように!

 

関東 仲地

スタディーツアー四日目、午前中はクチ地下トンネルに行きました。ベトナム戦争は、住民参加型の戦争であったこと、巧みな戦術が使われていたことがわかりました。実際にトンネルに入って60メートル歩いてみました。暗くて狭くてすごく疲れました。当時使われていた罠が再現されていて、とても恐くなりました。戦証博物館に行った時と同じく、戦争の悲惨さについて考えることができました。そのあとのバス移動をしてカオダイ教寺院へ見学に行きました。建物がカラフルだったので興味を引かれました。多神教の宗教に初めて接したので、これからもっと様々な宗教を学んでいきたいと思いました。

18回ベトナム・カンボジアスタディツアー3日目

関東 平野俊輔

 8月19日、今日はオプショナルツアーに参加した。ガイドの女性は初めてのツアーだったみたいだけれど色々と盛り上げようとしてくれたりして、初めてとは思えない程しっかりしてた。最初にビーチに連れていってもらったけど、途中バスからフェリーに乗り換えて行った。海はかなり遠浅でぬるかった。その後昼食をとりに移動したら、リゾート地みたいな所だった。プールで泳ぎたかったけど、誰も泳いでなくて泳げる空気でもなかった。昼食をとってしばらくのんびりした後、マングローブに向かった。道がかなり狭くてデコボコしてて、終始ガッタガタしてた。マングローブの森付近にはサルがいっぱいいて、観光客がフルーツをあげたりしていた。ほとんどが路上にいたけど、何匹かは檻に入れられていて、網をガタガタ揺らしたりしていて明らかに凶暴そうだった。猿とたわむれた後、ワニ釣りをした。想像以上にワニがでかくて、かなり力強くて引き上げようとしてもびくともしなかった。その後モーターボートでマングローブの森の中を移動して、ベトナム戦争時のゲリラに関する展示を見たり、ガイドの人に話を聞くなどして歴史を学んだ。

 この日はほぼ観光だったけれど、個人的にはベトナム戦争に関する歴史を学べたのが一番大きかった。当時の人々の戦いぶりや生活の様子などを見たり聞いたりでき、日本にいては学べないことを学べた。ガイドの方は日本語がなかなか上手で聞きやすかったし、人柄もとても良かった。皆とも仲良くなれたし、値段以上過ぎる時間を過ごせた。ガイドの方々、そして一緒に参加した仲間たち、カムオン(ありがとう)!!



関東 高柳

スタディツアー3日目。終日自由行動でしたが、ここではオプショナルツアーのことをご紹介します。バスではベトナム人女性のペンさんとベトナム人男性のタンさんがガイドをしてくださいました。お二人とも笑顔がステキで、とてもにこやかでいらっしゃいました。

「日本の歌を歌いましょう~♪」

そしてなぜか歌ったのはドラえもんの歌でした(笑)他にも「さくらさくら」やキロロの「未来へ」を歌いました。意外と歌詞がうろ覚えなことに気付きました。そしてタンさんは「上を向いて歩こう」を大熱唱して下さいました。またベトナムの歌も歌っていただきました。

「ベトナ~ム、ホーチーミン♪♪ベトナ~ム、ホーチーミン♪♪」

文面では音程とリズムが伝わらないのが残念ですが、(泣)こうしてバスの中では終始和やかに過ごせました。歌はこんなにも人の心を通わせられるのだ―そしてこんなにも喜ばしいものなのだ―そうしみじみと、感じるのでした。

さてさて、本題のツアーはと言いますと、まず向かった先は川の港でした。白と緑の大きな船がありまして、警備員のコスチュームも同じく白と緑でした。観光を意識しているかは分かりませんが(笑)、まるで絵になるようでした。また燦々と輝く太陽に白波が照らされて、ヤシの木が潮風にゆらゆらと揺れて、もはや異世界に来たようでした。

そしてその大きな船に乗りました。バイクと自動車と一緒に!!(驚)意外と揺れは感じられませんでした。そして気づいたら川を渡り終えていました。そこでバスが待っていました。

バスに揺られてしばし、竜宮城のようなところに来ました。もちろん海中ではありませんが(?!)、建物が水面に浮かんでいるようでした。長い橋を渡って行けるのですが、そこが何だかは詳しく覚えていません、ごめんなさいm(UU)mでも3体の像があって線香があげられていたので、おそらくベトナム戦争に関連するものだと思われます。。はい。

そして次は海に向かいました...の前に、10人ほどお手洗いに行きました。勧められたほうは有料だったので、無料のほうで順番待ちをがんばりました。(ちなみにベトナムのトイレは基本的に紙を流しません。ゴミ箱に捨てます。そして、シャワーがついていたりもします。トイレは文化の違いを見るのに、格好の材料です!)

早速、浜辺でお散歩をしました。海に入った人もいました。十数メートル沖合まで、ちっちゃい子が遊んでいたりしました。聞いたところによると、ホーチミンは地震がほとんどないそうです。ですので、浅くすごく穏やかな海でした。

...おおっ!何かいるぞ!ハゼのような、不思議な生き物にご対面しました。うーーん、ベトナム―それにしても太陽がまぶしい!

またバスに乗って、今度はレストランに向かいました。「エスニック料理」と一言で言ってしまうには惜しいぐらい、本当に多種多様なメニューでした。魚、野菜、タイ米、フルーツ...この材料で、何ができるかな?仕上がりはご想像にお任せします。ごちそうさまでした!

たらふく食べたら、今度はモンキー何がしという地へ(またうろ覚えです、ごめんなさい)向かいました。そしてサル軍にご対面しました。日光のサルをイメージしていったら、なんともまあ、お利口でお行儀の良くて、、もちろん噛みついてきたりしませんでした。割と小柄で、端正な顔立ちで、黄色っぽい毛並みでした。また親子ザルもいました。しかし、ガイドさんからこんなご注意が。

「カメラ、貴重品、注意してください。なぜですか?奪って、食べ物でないとわかったら、捨てます。」

ええっそうなんだ...。案の定、警備員の人が黄色い脅迫道具を見せつけると、瞬く間に消え去りました。サルが去るっ!

 そして私たちもモータボートに乗ってその場を去りました。マングローブの湿地を駆け抜け、クレイジーなぐらい飛ばして行きました。鬱蒼とした森林のじめじめした暑さを、一瞬にして吹き飛ばしてくれました。そして辿り着いた先には、戦争の様子を模している展示がありました。ベトナム兵士たちのマネキンは、それこそ喋りも動きもしなかったけれど、まるで戦争の恐ろしさ、凄惨さ、そして守り抜かなくてはならない平和を物語っているかのようでした。

 「パコッパコッ」

なんだろう、この音は。木漏れ日がわずかにまぶしい森の中で、不思議な音が聞こえました。青々と生い茂る草木の奥には、沼がありました。じーっと目を凝らしていると、大きくて、細長いものがおもむろに動いているではありませんか。そして口をあけて

「パコッ!!」

その正体は皮細工になる爬虫類です。分かりましたか?ワニです。すみません。。フナのような大きな魚をエサにして、彼らを一本釣りします!しかし、張り切る気持ちとは裏腹に、これがなかなか釣れない(苦笑)。まず、エサに気付かない。次に、食らいついたはいいものの、丸呑みしようとする。ちょっと、食いちぎってよ!そしてあきらめた瞬間、釣竿ごと持ってかれる、なんてこともある。恐れ入りましたm(UU)m

 さて、そうこうしているうちに、一日も終わりを告げようとしています。バスに揺られ、船に揺られ、夕陽を見て思うのでした。また今日のガイドさんたちと別れを告げ、ガイドのビンさんとの最後の晩餐を楽しみました。

「今日も本当にすてきな一日だったなあ。明日もいいことありますように。」

18回ベトナム・カンボジアスタディツアー2日目

スタディーツアー2日目!

AM9時、ミトーに向け出発!到着して驚いたことは、川の水が茶色い、茶色い。船でココナッツジュースを飲んで元気100倍になったところで、島に上陸!!キャラメルを試食したり、蜂の巣箱を持ったり、へびを首に巻きつけたり、ワイルドでした。ワイルドになったところで、歌とフルーツ!日本の曲を聴きながら、普段あんまり見ることのないドラゴンフルーツや、パイナップルを食べました。続いて、手漕ぎボートにガイドのビンさん、山角さんと乗りました。ビンさんがおもしろすぎて、船がひっくり返りそうになりました。

PM2時、昼食です。料理がおいしすぎて、ついつい笑顔がこぼれてしましました。笑 

その後、戦争証跡博物館へ。ストリートチルドレン支援をしていることもあり、ついつい子どもが書いた絵の展示会を見にいってしまいました。その他に気になったのは、枯れ葉剤についての展示です。思った以上に残酷なもので、ベトナムの歴史を本気で学びたい、そう思いました。

笑う時に、思いっきり笑うのがぼくたち!ドンコイ通りでの自由行動では、お店を経営する日本人に会ったり、物売りのおばちゃんとお話して、顔がしわくちゃになりました。おばちゃんのピース、最高です(*^_^*

次に、晩ごはん!チャーハンがおいしすぎて、一気飲みしそうになりました。

夜は、なんとバーに行きました!!なによりも、まだ話せていなかったメンバーとお話しできて、嬉しかったです。

このスタディーツアーは、ベトナムとカンボジアの二カ国に行きます。カンボジアに行きたくて参加しましたが、ベトナムが思った以上に楽しくて、住みたくなりました。


関東 清野

スタディーツアー2日目。ミトー川クルーズ、戦争証跡博物館見学、ドンコイ通りでの買い物など内容のたくさん詰まった1日でした。ミトー川の意味は「美しく大きい川」だそう。実際の川は茶色くきれいとはいえませんでしたがリアルジャングルクルーズでした!ココナッツジュースを飲んだりたくさんのフルーツを食べたり、ここはまさに南国。現地の人々はまったりとしていて癒されました。

戦争証跡博物館では日本の博物館ではなかなかみられない写真を見ることができました。戦争について文章で語るのは難しいですが、各自胸に残る思いがあったはずです。

2日目を終えて気づいたベトナムの好きなところは流れる時間がゆっくりなところ、人々が気さくなところ、食べ物がおいしいところです。

夕食後のシェアリングでは班ごとにディスカッションしたことで自分の考えが広がりました。ツアーの仲間たちとはすでにとてもなかよしです!これからの旅が楽しみーーー


関東 重松


JAEF第18回 ベトナム&カンボジアスタディツアー

スタディツアー1日目でーす。

今日はAM5時起きなのに、ドキドキしすぎて4時すぎまで寝れなかったボリです。ぼくは、このスタディツアーが初めての海外なので国際線に乗るだけでもとっても楽しかったです。機内食が、「Fish or Chiken?」で聞かれなかったのはざんねんでしたが、、、

飛行機からみたベトナムの初見は、目に焼きついちゃいました。

1日目は、すぐホテルでしたが夜の街にでると、夜中でもバイク多くて横断歩道でキョドっちゃいました。ナイトマーケットもガヤガヤにぎわってて何回いっても楽しめそぅでしたよ。ベトナムはあと2日しかないけどホーチミンの散策いっぱいしてきます。


関西 内堀


1日目は移動の時間が多かったので、あっという間に過ぎてしまいました><

現地(ベトナム、ホーチミン)に着くと、日本とは違うベトナム独特の匂いを感じテンションが上がったまっぴーです^^みんな出国前はとても緊張した面持ちだったんですけど、着いた瞬間とりあえず近くの人と喋り出す関西組(笑)ここで緊張がほぐれてきたように感じました~!関東組・中部組も集まり、自己紹介をしたんですけどみんな話しやすそうで、地方関係なく仲良くなれるのが楽しみです!でも、人数が多いのでとりあえず名前と顔を早く覚えたいと思います(笑)

日本とは人も空気も話す言葉も違うベトナム。自分の今までの価値観をぶっ壊してシンプルな思考になれたらいいなあと思います^^

今日の夕ご飯は海鮮のお店だったんですけど、そこのお兄さんのパフォーマンスが最高でした!!!!ノリが良くて、照れてる笑顔も可愛くて、素敵なベトナム1日目を過ごせました~! ホテルに着いた後、夜のホーチミンを散策する人もいれば、移動の疲れでベットに飛び込む人もいるみたいですよー!わたしはもう眠たくなってしまったので散策は断念です(泣)

明日はメコン川クルーズ!どんな体験ができるのか今からわくわくです*


関西 小嶋

前の5件 1  2  3  4